水曜日, 2月 10, 2016

通訳案内士

  • 受験していた通訳案内士試験合格の知らせが今日届いた。
  • 製薬の仕事で海外のメンバーと仕事をしていたが、特に英語の通訳やガイドの仕事を専門にしたことがあるわけではないので、面接試験の準備は、英語の学校が役に立った。
  • これを活用して仕事に結び付けたい。早速今月から活動するので、少し書いてみようと思う。

日曜日, 1月 31, 2016

サッカーU-23代表、韓国に勝つ

  • 試合では、中盤の運動量で韓国にペースを握られた感じで、2点のリードを許し苦しい展開。後半、浅野を投入してから彼のスピードを生かした裏へのパスが奏功して2点、矢島のヘッドもあり3-2で勝利。これ以上ないようなスカッとした逆転だった。
  • 後半になって、飛ばしてきた韓国が体力的にきつくなってきたところへ、浅野の持ち味を生かすパスが決まった。手倉森監督の起用と選手の戦術の理解がマッチしたものだろう。
  • 試合が終わって、すぐにインタビューに現れた手倉森監督が会心の笑みを浮かべていたのが印象的だった。途中までゲームプランが思い通りいかなかったが最後に、投入した選手が大活躍したのだから当然かもしれない。
  • 韓国は、イラクやサウジと違って、中盤を早くつないで組み立てる。この点で、中東勢より韓国の方がチーム力はあるのじゃないかと感じた。今回は体力が持たなくなってから、日本の裏へのスルーパスが見事に決まったが、またこれからは韓国も日本の新しい特徴を知って裏へのスペースを消すような対応をとるだろう。日本の組み立てを早くできるよう、もう一段実力アップしてほしい。
  • こういう試合は見ていて気分を高揚させる。最高のゲームだった。

木曜日, 1月 28, 2016

サッカー、U-23代表が面白い

  • 現在男子サッカーオリンピック代表は、リオ五輪のアジア予選の準決勝でイラクを破り、本大会の出場権を得たばかりだが、チームの状態がすごくいいように見える。
  • 絶対エースという感じの選手はいないけれども、毎試合印象に残るプレーをする選手が入れ替わっている。最近の試合では、原川、久保、豊川、中島のゴール。すべて印象が強い。自分達でリズムを作り出す力はそれほどないのかもしれないが、無理のないプレーを積み重ね、それぞれの持ち味を少しずつ出していく。特に、後半の終わりの方になって、体力的にきつくなって陣形に隙が出てくるようになると、フィジカル、メンタルともに充実している日本のものだ。
  • 土曜日の韓国との決勝戦も楽しみだが、カタールでのチーム力の伸びを見ていると、リオでの本大会でどこまで活躍するか。かなり期待している。

土曜日, 1月 23, 2016

ブリッジ・オブ・スパイを見た


  • 今年になってみる2本目の映画。シリアスなスパイもの等、あまり見ないのだけれど、米ソ冷戦の時代に捕虜の交換という難しい問題に立ち向かわざるを得なくなった弁護士の話。評判が良いようなので、始めてシニア料金を使って見た。
  • ソ連のスパイを演じた俳優(マーク・ライランス)が良かった。静かな画家そのものでありながら、自分の役割を淡々とこなしている。本当のプロはこんな穏やかな人なのだろうと思われるような存在感を放っていた。
  • トム・ハンクスは、アメリカの良心を体現するような弁護士を演じてさすがと思った。極悪非道のソ連のスパイを弁護するというすごい貧乏くじを引かされても、誠実に職務を務める。国を背負ってそのための仕事を成し遂げようとする人物(たとえスパイでも)の人権を尊重するという弁護士の務めを果たすというのは誠実というのでとはちょっと違う、その人物との信頼関係がないと本当にはできないということが、よく表せていたと思う。都合のいいところだけ民間人を利用しようとするCIA、国として表からできないことは、役人は逃げる。役人とはそういうものだろうと思いながらも、そういうところで、頑張る姿は切ない。
  • ジェームズ・ドノバンという人は、知らなかったが、こういう人のこういう仕事にスポットライトを当ててくれてよかった。難しい国と国との問題に、個人的な信頼関係を支えに活躍する人がいるというのは、今の時代に必要な認識だと思う。

月曜日, 1月 18, 2016

トップガイド、谷田悟さんの講演を聞いた

  • 先週の土曜日、谷田悟さんの講演会を聞いてきた。通訳ガイドの分野で長年活躍されてきた方ということなので、通訳ガイドの方はどのように活動されているのか、興味深く話を聞いた。
  • 演壇の前に立たれた谷田さんは、にこやかでさすがにプロの接客業の方だと感じた。派手な感じではなくどちらかというと謙遜しながら、話を始められた。
  • 通訳はしていたがガイドの仕事は、話を聞きに行ったら即現場に引っ張り出されて、見学のつもりが、途中から任されてしまって、大変だった等とお話しを始められた。お話しを始めると若々しく、だんだん熱がこもる話に思わず引き込まれた(68歳とのことだが、好奇心にあふれていて、話をされている印象としては50くらいにも感じた)。いくつも、印象に残る話があったがいくつかメモしておきたい。

  • これまで頼まれた仕事を断ることは基本的になかったそうだ。最近仕事を断わったことがあって、その時、「そうですか」と言われて、はっと、「あ、断わってもいいんだ」と思った。最近断ることを覚えたと言われたのには、聞いてる方が驚いた。後に出てきたが、こうやっていろいろな仕事を引き受けていくうちに、受ける仕事が広がったということだ。
  • 多彩な分野の仕事をされているが、精神医学、法廷、工学(材料工学、金属、表面処理)、---。すこしずつだが、いろいろな分野の説明が少しずつ聞けた。2,3挙げると、「刀の焼き入れの話」:マルテンサイト転移、体心立法格子から面心立法格子に変わる。その時体積が大きくなるので、まっすぐだった刀が特徴的な反りができる。---。 「火山の話」:確か朝日新聞のGLOBEの紙面だったと思うが、地震の規模、火山の噴火の規模を視覚的に表した特集を示されて、東日本大地震は最大規模の地震であったとか、20世紀最大の噴火はピナツボ火山の噴火で、1800年初めのインドネシアのタンボラ山の噴火は歴史上最大の噴火で世界中が寒冷化した。それより大きな噴火がイエローストーンだ。その後が世界最初の国立公園となった。「白川郷の合掌造り」:雪を落とすためにこのような構造にされた、と説明するが、それでは不十分。白川郷だけが、大雪が降るわけではない。合掌造りは2階、3階、4階まであって、人の住んでるのは1階で、2階以上は蚕がいた。蚕は手がかかる人工の種であるbombix moriで30分ごとに床を取り換えないといけなかった。すごく人手がかかる産業だった。「高山の酒造り」:酒はユニークな発酵をさせる。ワインはぶどうに糖を含むが、コメには糖がない。まず、糖化(saccharization)が必要である。ビール造りも麦から発酵させるが、完全に2段階に分けている。酒の場合は、同時に2段階を並行して進める。糖化がうんと進むと次のステップがうまく進まないから、小さく初めて足していく独自のやり方になっている。そのため発酵でできるアルコール含量が最大になる(16%だが、出来立ては20%になり、薄めている)。---。
  • 自分の手で調べて納得したストーリーをもとに話をされるので、説得力が高く、熱がこもった話に思わず引き込まれた。こんな話をされたら、いろいろな分野の専門家も、興味をかき立てられて、ファンになるだろう。指名されるはずだ。
  • 外国には、地方に行ってもvisitor centerがあって、そこにはまともな解説書が置いてある。日本は、新宿の都庁にいっても、パンフレットがまとめておいてあるだけ。まともに観光に対処しようという考えがなかった。

  • 外国人に説明するのだから、こういう説明でこれくらいでいいだろうというような態度が観光のガイドに対する説明でも接するような気がする。谷田さんの話は、日本人でも、いやいろいろな分野の学者でも、好奇心にあふれたビジネスマンでも、興味を刺激すると思った。そのような話を準備するのは、本からというお話だった。あまり計画的に選ぶのではなく、ガイドした専門家のお客さんから著書をもらったりしたのを、しばらく置いておいてだんだん興味に従って読む。また、テレビでもよい情報を紹介した興味深いものがたくさんあるとおっしゃっていた。
  • すごく自然体で、好奇心にあふれて、人間的に素晴らしい方であった。まだまだ長く活動していただきたいものだ。

火曜日, 1月 12, 2016

高校サッカー決勝、FKの得点は面白かった


  • あけましておめでとうございます。
  • 今年は外出の機会を増やす予定です。最近、頻度が少なくなっているブログ更新ですが、新しい話題をたくさん取り上げていきたいと思います。
  • 昨日の高校サッカーの決勝。どちらもしっかりした技術をもっていて面白かったが、FKでのトリックプレーが面白かった。ペナルティエリア外側でゴールを狙う絶好の位置だった。守備側が作った壁はペナルティエリアの内側だったと思う。蹴る前に攻撃側が集まって相談していたが、何人か(4人ぐらい?)が手を組んでボールを見ながら後ろ歩きを始めた。ちょうど、守備側の壁に向かって攻撃側の壁が後ろ向きのまま向かっていく感じ。イチ、ニ、サン、シと声を出していたかどうかはわからないが、一緒に数を数えながら後ずさりしていった。その瞬間、キッカーが壁の上側をかすめてゴールを狙った。キーパーは横っ飛びで飛びついたが、ボールは手の先を抜けてゴール。
  • 攻撃側の後ろ向きの壁が、キーパーの死角を作っていたと言える。それからもう一つ気づいたのは、ボールは守備側の壁の頭のすぐ上を通っていたことだ。つまり守備の壁を作っているメンバーがタイミングよくジャンプすれば頭に当てることができそうだったということ。守備の壁は足元を抜かれてもダメだから、ジャンプするタイミングを取るのが難しいが、攻撃側の作った壁によって、キッカーが蹴る瞬間を見ることが難しくなっていたのではないかと思った。つまり、守備の壁にとってもブラインドとなっていたように思った。
  • このFKのやり方、流行るかもしれない。

火曜日, 12月 15, 2015

通訳案内士2次試験ー試験を受けるのは大変だが、やる方も大変


  • この間の日曜日、通訳案内士の試験(口述試験)を受けてきた。試験前は、やはり緊張していたのだが、それにも増して試験にこんな手間がかかるのかとびっくりした。
  • 訪日観光客の急増に対応して、受験者が増えており、試験会場での運営は本当にすごいことになっていると思った。試験の内容はいろいろなところで書いてあると思うが、実際試験を受けるとどんな具合か。そんなことは当事者でないとわからない。この手間は尋常でないと思ったので、書き留めておこうと思った。こんな具合だった。
  • 東京の会場の一つ昭和女子大に着き、会場の建物に行くと、私と受験する時間帯(3:30から)の人が100人以上、ロビーのような広い部屋に集まっていた。
  • 受付時間(試験開始1時間前)になってやっと、エレベーターまで誘導してもらい、2台のエレベーターの前に列を作ってピストン輸送して、6Fの受付へ。受付で名札(番号札)をもらったら広い教室に入った(番号札には教室番号と順番が記載されている、教室は30弱、各教室で5人が順番に受験する)。
  • 受付の終わった人は大教室に入り待機。机は小さく、椅子との間は狭い。荷物を置くのに困るくらいだ。待機の間、男女順番にトイレに行きたい人を集め、集まったら、誘導の人がついて教室外へ案内。
  • 受験者が全員揃って試験30分前になったら、注意事項の説明があった。
  • 各受験する教室での順番1番の人を集め、次の待合室へ、係りが誘導。
  • 待合室から、口述試験の教室前の椅子へ誘導。
  • 口述試験会場に入り、試験を受ける(10分)。
  • 終了したら、全員が終了するまで待機する大教室まで誘導される。これもいっぺんに連れて行くのではなく、途中で何人か集まるまで、中途の場所で座って待つ。
  • 100人以上の受験者が全部、待機する大教室に揃ったら、解散。
  • 受付開始までの集合場所、4ヶ所の待機場(受験前の待機室2つと試験後の廊下での待機場所と待機室)があって、それぞれの場所に誘導を担当する人がいる。また、もちろん30弱の口述試験の各部屋には、2人の試験管(native と日本人)がいる。いったい何人が試験を支えているのだろうか。
  • 試験の首尾がどうだったか? 自分で模擬の問題を録音してみて、今の自分の英語がどれぐらい未熟かは実感している。試験管にお任せするのみ。