日曜日, 7月 12, 2015

「新・観光立国論」(デービッド・アトキンソン著)を読んだ


  • 観光立国についての話はいろいろな人の立論を聞くが、この本で指摘してあるポイントは、これまであまり意識していなかった点が多く、目から鱗が何枚も落ちた。
  • この本の著者は、イギリス人で元ゴールドマンサックスのアナリストである。経済提言の専門家なのだが、この人のユニークな点は国宝や重要文化財の補修を手がける会社(小西美術工藝社の社長に就き、日本の伝統文化を守る仕事をしている人であるという点だ。その人が、日本人が考えている観光立国政策は、まだまだ考えが浅いし、勘違いしてるところが多いんじゃないのと指摘しているのが本書である。
  • なるほどと思ったところをメモしておく。

  1. 外国人観光客は「短期移民」だ。日本に住み着くことなく、一定期間滞在するだけならば移民で問題となっているような文化や風習、宗教で日本人と衝突することがなく無用なトラブルが生まれない。ただし、一定期間とはいえ日本に滞在するので日本にいる人間の数が急激に増えることと同じで人口減によるGDP低下を抑えるのに有効。ただし、観光を産業として位置づけるのであるから、観光客数だけに注目するのではなく、お金をたくさん使ってくれる人々をより多く呼び込むことに着目する必要がある。
  2. 氏によると、日本は観光後進国である(GDPに対する外国人観光客から得た収入の比をみると、欧米諸国に比べて日本は際立って低い)が、観光立国になれる潜在力があるとのこと。それは、観光立国の4条件とされる「気候」「自然」「文化」「食事」について、日本はすべてを満たしている稀有な国であること。これは観光大国フランスやスペインと同様で、日本より観光先進国であるイギリスより条件がいい(イギリスは気候や食事の面では恵まれていない)。
  3. 日本人は、先の4条件以外の「国の知名度」「交通アクセス」「治安のよさ」等の条件を挙げていることがあるが、これらは「ないよりもあった方がいいという程度の強み」。この3つをみたしていればそれだけで「観光立国」を実現できるものではない。とんでもない観光資源があれば、不便であっても人はやってくる。ただべんりだからといっても、そこに見るもの、楽しむものがなければ、人はやってこない。「気配り」「マナー」「サービス」「治安」というのも、的外れ。「文化や歴史」「自然」という項目が日本人の意識に上っていない。「食事」が入っているのが唯一の救い。
  4. ゴールデンウィークに象徴される「多くの人たちをさばく観光」から、「お金を落とす客にきてもらう観光」へ、発想を180度転換すること。日本国内の「おもてなし」にまつわる議論を聞いていると、すべての人に対してにこやかに微笑んで、分け隔てなく対応するという、なにやら見返りを求めない「奉仕の心」のようなイメージが浸透しているがナンセンス。異国に人々の「性格のよさ」や「奉仕の心」等を確認するためだけに、高いお金と時間をかけて海外旅行をしようなどという人はいない。それはあくまで観光のついでに遭遇した「ちょっとした現地の人とのふれあい」程度の話。
他にもあるが、これぐらいにしておく。
この中では、4番目がちょっとひっかかるところか。私なんかが学校で強調されたのは、見返りを求めない奉仕の心だった。この点に重点をおかないところはドイツ人と日本人の違いだろう。しかし、「多くの人たちをさばく観光」というのが、日本の現状。供給者サイドの都合ばかり優先されていることに、腹を立てている、あるいはそれに慣れてしまっている日本人は多い。サービスを受ける人の立場にたって、奉仕の心のような高度なものを提供する前に、観光業者自身の都合で、ゴールデンウィークにここぞとばかり儲けるようなパックサービスの発想は大問題だと思った。

水曜日, 6月 24, 2015

北千住 「いもや」でてんぷら定食

  • 日曜日は、娘夫婦と北千住で昼食をとった。
  • 昼前に北千住駅前で待ち合わせて、商店街近辺をぶらぶらしてから、「いもや」に。開店時間11:30、店の方が暖簾を入り口にかけている時に店の前に着き、そのまま店の奥の座敷に上がり込んだ。
  • 昔ながらの雰囲気そのままで、子どもの頃に食堂で食べた時はこんな感じだったと思い出させるような感じ。むかし外で食べた記憶があるのはてんぷらうどんを食べたことかな。
  • 私が上てんぷら定食(1400円)、娘夫婦は上天丼(1150円)と平成天丼(1400円)を頼んだ。たこの刺身をサービスしてくれた。このたこがうまかった。てんぷらはしっかり量があり、エビが美味しかった。てんぷら定食では、上てんぷら定食、平成てんぷら定食の3段階があり、ボリュームが増える。材料の
  • 店には一番乗りで、その後次々にお客さんが来ていたようだが、出る時は店の外に数人待っている人がいた。なかなか人気があるようだ。気取らず、むかしながらの雰囲気でゆっくりできるのがいい。ゆっくりしたい時に来たら良さそうだ。
  • 父の日ということで、ご馳走してもらった。こういう店でご馳走してもらうのはちょうどぴったりの感じでうれしかった。

金曜日, 6月 19, 2015

キッチン南海(神保町)で昼食


  • 昨日は、久しぶりに神保町にいった。昼食をとるところを探して歩いていたら、長い行列にでくわした。
  • 以前行列のため入ることができなかった「キッチン南海」でした。今日は、時間があったので並んでみると、思いの外行列の進み具合が早くて15分くらいで店に入ることができた。途中で注文をとってくれるので、店の中で待つ時間は必要なし。繁盛しているお店は、客さばきがうまくて無駄な時間を使うことがない。
  • 一番人気のカツカレー(750円)を食べてた。カツが揚げたて、キャベツもしっかりのっていてコスパもよし。次回行ったら、他の人が頼んでいた盛り合わせをたべてみよう。並んでいる人はみんな、メニューなどみないでカツカレーか、盛り合わせを注文していた。
    靴屋の向こう側隣が南海キッチン。庇のしたに緑の看板
    が見える。道行く人が行列の多さに思わず、店の前に来
    て店を見返している。

    カツカレー。カツの下にキャベツが盛ってある。

日曜日, 6月 14, 2015

「学校では教えてくれない日本史の授業」(井沢元彦)を読んだ。


  • 最近、英語を習っているのだが、外国人旅行者に日本の事情を説明するという課題がある。例えば、「居酒屋」とか「B級グルメ」を短い英語で説明せよということだ。いつも慣れ親しんでいるちょっとした日本の文化をいざ説明しようとするとこれが難しい。日本語でもなかなかできない。
  • こういう問題の答えを考えていると、いつしかどうしてこのような習慣を持つようになったのかとか、日本の歴史に関する問題に突き当たってしまう。「明治維新」にあたる英語はMeiji Restorationで天皇制に復帰することだ。将軍がトップに立つ徳川幕府が支配していたが、それが天皇に権力を戻したわけだ。天皇は天照大御神の子孫で正当な出自をもつということになっているが、実権をもっていたのは平安のはじめまでで、藤原氏が実質権力をもつようになり、次には平氏、源氏を始め、次々と現れる武士の一族に実質権力は握られていた。けれども、世界史の常識に従えば、権力を握った一族に滅ぼされるはずであるのに、どういうわけか名目上は、武士政権と並立しつつ、明治になったらトップに戻ってしまった。外国人からこういうことについて聞かれたら答えられるだろうか?
  • 「古墳」を英語で説明するのはもっと難しい。burial mounds built for regional rulersなんて、単語も難しいし、でっかい墓だということぐらいは説明できても、一番大きな仁徳天皇陵は、実は時代的に仁徳天皇のお墓ではないようで大仙陵古墳と呼ばれるようになったとか、宮内庁が管轄しており、調査を認めないので研究が進んでないとか、理解できないことが多すぎて、私自身が教えて欲しいことだらけで、説明などということはできるはずもない。
  • 「仏像」「神道」「仏教」となると、これは日本文化を紹介するため重要な文化財だが、その方面の知識はあやふやだ。インド、中国から入ってきた仏教と神道との関係とか、仏陀、如来、菩薩とは、ーーー。
  • このような意識をもっていたからだと思うが、面白そうな歴史の本をちょこちょこみているのだが、最近読んだ井沢元彦さんの著書が面白い。私の知りたかった、外国と比べると日本の宗教、天皇制、文化の特徴について、考えるいい手がかりをあたえてくれる。「怨霊」「言霊」はあまり意識に上ったことがなかったが、日本人の習慣や日本で起こった原発問題や朝日新聞誤報問題など、最近の事件を考える上で重要であるとの指摘はすごく面白い。
  • 井沢氏の本を何冊か読むことになりそうだ。

木曜日, 6月 11, 2015

サッカー日本代表、イラク戦


  • サッカーをテレビ観戦。
  • 今日の日本代表は、調子が良かった。イケイケドンドンの松木さんとゴン中山さんの解説だったから余計そうだったかもしれないが、あまり文句のつくところがなかった。特に前半は久しぶりに気持ちよい試合運びだった。ハリルホジッチ監督が今年は全部勝つというのも、本気のコメントのように思える。辛口のセルジオ越後さんがどんなコメントをしているのか気になるところだ。
  • 新顔の中では、宇佐美がすごくいい。ドリブルが効いていて、今のチームの中では、ボールが回ったらもっとも期待される選手だろう。後半にフォワードのメンバーを全て変えて、武藤、原口、永井、大迫がでてきた。それぞれに面白い持ち味があるけれども、当確という感じはなかったように思った(できが悪かったというのではない)。
  • ワールドカップ予選のシンガポール戦が楽しみだ。

土曜日, 6月 06, 2015

ランチの楽しみ


  • 今日土曜日は、英語の日。高田馬場に英語を習いに行って、ランチを外食してくるのが最近のおきまりの行動だ。
  • 8月にある通訳案内士の試験の模擬試験の結果が、まあま良かったので気を良くしてランチの店を物色。ネットで1000円以下でステーキ定食の食べられる店の一つとして紹介してあった「やよい軒」に行く。
  • 特に店の前に列ができているわけでもなく普通の定食やさんの風情だった。店の前のメニュー表をみると定食の種類が充実しているのがわかった。入り口を入ったところで食券を買う。買う前から店員から何名様ですか、と声をかけられ、一人と答えると開いている席を確保してくれた。なかなか気が利いたサービスだ。
  • ステーキ定食890円を頼んで、10分ほど待つと、やってきた。高い肉ではないが、柔らかく十分美味しい。タレも好きなタイプだ。ついてくるサラダと味噌汁も悪くない。高田馬場のランチは激戦地区だが、これまで入った店の中でもコスパは1、2ではないか。「やよい軒」の他のメニューも試してみたいと思った
    高田馬場早稲田口を出て2、3分のところに
    やよい軒はある。

    カットステーキ定食は期間限定メニュー。

    定食はご飯のお代わりが自由。

火曜日, 5月 19, 2015

大阪住民投票


  • 日曜に大阪の住民投票で、都構想が否決された。
  • 大阪市には住んだことはなくて近郊の茨木、高槻、豊中の各市に住んだだけではあるが、大阪の二重行政は困ったもんだと思っていたから、その点を変えようというのはまったく同意だ。そこから出発して都構想まで進んだのだが、その都構想の是非は、よくわからない。ただ、橋下さんの志を良い方向につながる活力になるのではと思っていた。
  • 今回否定されたわけだが、橋下さんにはこれが最良の結果だったと「かんべえ」さんが言ってる。なんでかと思ったブログ(5/18)の中身を読んでみて納得した。要は大阪の活力は経営者の力であって、行政から変わっていくものではない。橋下さんは言ってきた府市の改革は進めてきたのだから、行政の変更は否定されたから、元に戻ればよい、ひょっとして国政に戻ることもあるのではないか。戻るところのあるというのは大変恵まれた人だ。ということである。
  • 大阪のこれからの方向性が見えないのが気になる。次のリーダーはどんなことを提唱するのだろうか。